目 日焼け止め

日焼けには目から入る紫外線の影響もあります。メラニン色素を作るので肌の日焼けの他、目の病気を引き起こす事も。ここでは目の日焼け止めによいサプリをおすすめしています。

目の日焼け止めと紫外線対策にはサプリがおすすめ!

目の日焼け止めと紫外線対策にはサプリがおすすめ!


目が日焼けするとどうなる?

紫外線は皮膚だけでなく目からも吸収されます。

1:目が日焼けすると肌も日焼けする

角膜が紫外線を吸収すると、皮膚が紫外線を浴びた時と同様、メラニン色素を作るよう脳に指令を出します。一生懸命日焼け止めでUV対策をしても、目が無防備だと日焼けしやすくなります。

2:目の病気になる事がある

もともと眼球には紫外線を防ぐ力があり、光が眼底にまで到達するのは1〜2%です。

紫外線の害が体内で発生しないよう抗酸化力が高ければ、目のトラブルも起きません。

しかし紫外線の浴びすぎや老化などにより抗酸化力が弱いと、白内障、翼状片、加齢黄斑変性、角膜炎などの眼の病気を引き起こす事があります。

目の日焼け止めと紫外線対策にはどんなサプリがおすすめ?

目の日焼け止めと紫外線対策にはサプリがおすすめ!


紫外線はもちろんパソコンやスマホ、テレビなどのブルーライトからの光を吸収し抗酸化作用を持つルテイン配合のサプリがおすすめです。

ルテインはカロテノイドという抗酸化作用を持つ成分の一種で、ニンジン、ほうれんそう、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

紫外線の影響による目の病気が心配であれば、
→ルテイン配合で目をケア出来るサプリ

目や体の日焼けが気になるようであれば
→ルテイン配合+身体の日焼け止めもできるサプリ

このように選ぶのがおすすめです!

ルテイン配合!目を日焼けから守るサプリメント

めなり 【ルテイン配合で目をケア出来るサプリ】

目の日焼け止めと紫外線対策にはサプリがおすすめ!


目を紫外線から守るルテインの他、光ダメージから防ぐアントシアニンを配合。普通のブルーベリーではなく、アントシアニンが5倍ある北欧産のビルベリーを使い、なんとルテインの吸収率が1.7倍もUP!

めなりをおすすめする人
  • 目の日焼けによる病気が心配
  • パソコンやスマホを長時間使う
  • 目のピントが合わなくなってきた
  • 目がかすむ、ドライアイが気になる
  • 視力低下が気になる


目の悩みを持つ人から大人気!
めなりを見てみる


ホワイトヴェール【ルテイン配合+身体の日焼け止めもできるサプリ】

目の日焼け止めと紫外線対策にはサプリがおすすめ!


目から入る紫外線で身体の日焼けやシミが心配な方におすすめ。天然ポリフェノールのニュートロックスサンが主成分で、継続して飲み続ける事で紫外線の影響を60%近く防ぐようになります。

日焼け止め効果が長く、1日1回飲むだけで日焼けを防止します。

ホワイトヴェールをおすすめする人
  • 目からの紫外線の他、身体の紫外線も防ぎたい
  • 肌が弱いので日焼け止めが塗れない
  • 頭皮の日焼けを防ぎ薄毛を防ぎたい

大人気の飲む日焼け止め!
ルテイン+ニュートロックスサンで完全日焼け防止!

目の日焼け止めと紫外線対策にはサプリがおすすめ!

紫外線による目の病気と症状

白内障(はくないしょう)

紫外線の多い地域で患者が多く、紫外線を多く浴びると白内障のリスクがあがるといわれています。進行すると視力が低下し、薬では治療できません。手術が必要です。

翼状片(よくじょうへん)

外で活動する人に多い病気です。白目が紫外線により細胞が異常繁殖し黒目まで入り込むという症状が起こります。白目が瞳孔部分まで侵食すると視力生涯を起こします。手術で切除すれば治りますが、再発しやすい病気です。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

目の黄斑部が傷む症状で、老化、喫煙の他、紫外線も原因の1つと言われています。加齢黄斑変性が進行すると中心を見るときの視力が低下します。

角膜炎(かくまくえん)

紫外線により角膜が炎症し、目の充血や異物感、痛み、涙が出る、ドライアイなどの症状があります。スキーなどでの雪焼けでも症状が起きる事があります。治療は主に点眼液によるものです。

その他、自分でもできる目の日焼け防止


目のUVカットとして有効なのが、紫外線カットのサングラスを使う事です。

UVカット目的でサングラスを選ぶ際の注意点は以下のようになります。

サングラスの色の濃さは紫外線防止に関係ない

色の濃いサングラスの方が紫外線をカットできそうだと勘違いしがちですが、サングラスの色と紫外線カット率は関係ありません。

サングラスの中には紫外線カット用ではなく、おしゃれ用のファッショングラスも多数あります。

紫外線防止機能を求めるのであれば、サングラスの色ではなく、紫外線を透過させないレンズを選ぶ必要があります。

紫外線カット用のサングラスには数字が表記されている

紫外線カットのサングラスには、紫外線カット率○○%と表記されたものがあり、この場合、○○の数字は高い方が効果が高くなります。

例:紫外線カット率99%→99%の紫外線をカットする、という意味

他には、「紫外線透過率」が表記されているサングラスもあります。

この場合、紫外線透過率は、数字が低いほど紫外線をカットする効果が高くなります。

例:紫外線透過率1%→99%の紫外線をカットする、という意味

現在、販売されている紫外線カットのサングラスはほとんど紫外線透過率1.0%以下(もしくは紫外線カット率99%以上)のものですが、購入する際は、表記があるか念のため確認をするようにしましょう。

目を日焼けから守るサプリメントへ戻る▲