日焼け止め 肌 負担

日焼け止めの肌への負担と、飲む日焼け止めで紫外線対策


肌へ負担をかけない!天然成分配合の
飲む日焼け止めをすぐにチェックする>>


日焼け止めは肌に悪いの?


日焼けなど紫外線の影響を防ぐには、日焼け止めは欠かせないアイテム。

でも日焼け止めの肌への影響も心配、という方もいるかと思います。

紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは、肌に負担が大きい

「日焼け止めは肌に負担がかかる」というのは良く聞く話ですが、これは「紫外線吸収剤」を使用した日焼け止めを差す事がほとんど

日焼け止めには、紫外線吸収剤入りと吸収剤不使用なタイプがあります。

紫外線吸収剤入り日焼け止めの仕組み
紫外線吸収剤は、紫外線を自分の肌に取り込み吸収させ化学反応を起こさせます。

この化学反応により紫外線の害を防ぐのですが、肌への負担が大きくシワやたるみ、シミなどの原因になります。

肌が弱い方の場合は肌荒れする事もあります。

紫外線吸収剤の成分
メトキシケイヒ酸オクチル
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
オクチルトリアゾン
t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
パラメトキシケイ皮酸2−エチルヘキシルなど

紫外線吸収剤入りの日焼け止めは、吸収剤不使用のものと比べると肌への負担が大きいのですが、種類も多くよく売れています。

肌への負担が大きい紫外線吸収剤入り日焼け止めが、なぜ売れているのか?

第一に、日焼け止めの害よりも紫外線からの害の方が大きいとする専門家もいる事、

次に紫外線吸収剤入り日焼け止めは肌なじみが良く使いやすい事が理由としてあげられます。

1)肌への負担は紫外線からの害の方が大きいという医師の意見も多い
日焼け止めが肌に負担がかかるとはいえ、日焼け止めを塗らないで過ごし紫外線を浴びる方がシミやシワ、皮膚がんなどの害が大きいという皮膚科医も多数います。

紫外線吸収剤入りの日焼け止めは、防御力が強いため、日焼け止め効果が高いといったメリットがあります。

特に日差しの強い季節の戸外での長時間活動、ハワイなどに旅行へ行く際は、肌への負担があるとはいえ紫外線吸収剤入りの日焼け止めを塗った方が肌には良いでしょう。

2)紫外線吸収剤入り日焼け止めは、肌なじみが良く使いやすい
紫外線吸収剤入り日焼け止めは、伸びがよく肌になじみやすいといった特徴があります。

伸びが良いと一見、肌に良さそうですがこれは界面活性剤という水と油を溶かす成分が多く含まれている為。

この界面活性剤は肌のバリア機能を壊すといわれ、強い日焼け止めを繰り返し使う度に肌を傷める事になります。


吸収剤入りに対して、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めも販売されています。

紫外線吸収剤不使用タイプの日焼け止めの仕組み
日焼け止めには「紫外線吸収剤不使用」または「紫外線散乱剤使用」などと書かれています。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの仕組みとしては、紫外線を肌に吸収させず、皮膚の表面で紫外線を反射させるものです。

紫外線吸収剤入り日焼け止めと比べると、不使用タイプの肌への負担は少なくなるというメリットがあります。

しかし紫外線吸収剤不使用(散乱剤入り)の欠点として
  • 汗に弱く塗り直しを頻繁に行う必要がある
  • 白浮きしやすく肌はじみが悪い
  • 肌が乾きやすい
といったものがあります。

吸収剤入り・吸収剤不使用 日焼け止めの比較表
特徴 紫外線吸収剤入り 紫外線吸収剤不使用(散乱剤入り)
肌への刺激 負担になる人もいる。 刺激が少ない。
伸び、使い心地。 伸びが良く使いやすい。べたつかない。 伸びが悪い。べたべた感や、肌の乾きを感じる事がある。
効果 ウォータープルーフや高SPF値の日焼け止めには必要 日差しの強い所に長時間いる場合には足らないが、日常生活では十分
UVBやUVAへの効果 UVBは防ぐ。UVAは防ぐものと防がないものがある(t−ブチルメトキシジベンゾイルメタンが含まれていればUVAも防ぐ) UVBもUVAも防ぐ
見た目 透明で白浮きしない 白っぽくなる
強い 弱い

紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤使用)の日焼け止めの注意点


紫外線を肌に吸収させないので、皮膚刺激が少ない紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤使用)の日焼け止め。

肌への負担が少ないタイプですが、汗に弱く流れやすいので塗り直しが何度か必要です。

しかし皮膚は何度も触る事で、バリア機能を保つセラミドが失われていきます。

バリア機能が落ちると、紫外線の影響を受けやすくなりシミやシワなど肌トラブルの原因となるため、日焼け止めの頻繁な塗り直しに関して、医師の間で賛否両論があります。


日焼け止めを何度も塗るのが肌に良いのか・悪いのかについては、個人個人の肌の強さ、抗酸化力の強さなどがかかわっていて一概には言えないのですが、

  • 肌が弱い方
  • 体力が落ちている方
  • 日焼け止めを塗っても日焼けしやすい方

こちらに当てはまる方は日焼け止めを塗る回数を減らした方が良いでしょう。

日焼け止めの肌への負担が心配な方は、飲む日焼け止めと併用するのもアリ


美容クリニックの女医さんやスタッフさんの間で、以前から人気の日焼け止めサプリがあります。

今まではクリニックで処方してもらうか個人輸入でしか手に入れづらかったのですが、一般向けに販売されるようになりました。

日焼け止めの肌への負担と、飲む日焼け止めで紫外線対策


果物や野菜などにポリフェノールやセラミドなどから抽出された日焼け止め防止成分を配合していて、飲み続ける事で紫外線を防御する力が60%近くアップするものもあります。

飲む日焼け止めのメリットとしては次のようなものがあります。

  • 肌に負担をかけない
  • 目からの紫外線、髪、地肌、耳、唇の日焼けにも対応できる
  • 日焼け止めの塗り直しが不要

飲む日焼け止めのデメリットとしては、以下のものがあります。

妊娠・授乳中は使えない
体質によっては合わない場合も
値段が高い

日焼け止めの値段が1本1,000円以下で、飲む日焼け止めは1か月で5,000円〜10,000円ほど。

単純に日焼け止めとして考えると高いのですが、美白化粧品として考えると妥当な値段でしょう。

日焼け止めの肌への負担と、飲む日焼け止めで紫外線対策


飲む日焼け止めの成分はシトラスやローズマリーの天然ポリフェノールやパイナップルにあるセラミドなど、天然成分を使っている為、安心して飲めるものがほとんどです。

継続して飲んでいく事で身体の紫外線をブロックする力が徐々に強くなってくるので、日焼け止めを塗らずに過ごす事もできます。

  • 少しでも美肌を維持したい
  • 曇りの日は日焼け止めを塗りたくない
  • 海やプールに行く予定がある

こういう方には、飲む日焼け止めは強い味方になるはずです。

→女医さんたちはすでに飲んでいた!
身体の内側からできる日焼け止め





ランキング

美白化粧品のレビュー♪

S