ロドデノール ハイドロキノン 違い

QuSomeは超微細カプセルの中に、不安定なビタミンCやハイドロキノンなどの美肌成分を入れて、肌の奥深くまで美容成分を確実に届けてくれます。 低刺激で肌の中に美容成分が長時間滞留するので、長期間にわたって美肌の効果が続きます。 ビーグレンのハイドロキノンは1.9%。しかし他のメーカーにない浸透力の高さから、ハイドロキノン4%のものと同じ程度の働きをすると言われています。

ロドデノールとハイドロキノンの違い。今使っている化粧品は安全?

今使っている化粧品は安全?

白斑被害を出し社会問題となったロドデノール

カネボウ化粧品によって開発されたロドデノールは、副作用として肌がまだらに白くなる「白斑問題」を引き起こし、膨大な被害者を出してしまった成分です。

チロシナーゼ酵素の疎外を過剰にすることで、肌に必要なメラニンの生成を止めてしまうことで、部分的に色が白く抜けてしまう現象が起きました。

皮膚科のシミ治療で使用されているハイドロキノン

一方ハイドロキノンは、できたシミを補完するメラノソームを分解し、できてしまった黒メラニンの色を薄くするものです。

チロシナーゼにかかわる酵素の働きを素材するロドデノールとは、根本的に働きが異なります。

ハイドロキノンの特徴と安全性についてハイドロキノンは50年以上も前から、医療現場で皮膚治療に用いられてきましたので、多数の臨床実績を有しています。

2001年厚生省により、一般化粧品への使用が認められました。

長きにわたって使用された中において、重篤な副作用の方向がないことから、安全性の高い成分であると言えます。

ただし、5%を超えるハイドロキノンは肌への刺激が強く副作用の恐れがある事から、2%〜4%程度のものがよく使われています。

シミやくすみに効くハイドロキノン配合の化粧品

アンプルール ラグジュアリー ホワイト

ハイドロキノンを安定化させ皮膚への刺激を徹底的になくした「新安定型ハイドロキノン」配合の美白化粧品シリーズです。

この新安定型ハイドロキノンは、パッチテストやモニター調査によって、高い安全性を確認しているので、安心して使うことができます。

新安定型ハイドロキノンにさらに独自成分「AOカプセル」によって、ハイドロキノンをお肌の奥深くに届け、より高い美白効果を生み出します。

ハイドロキノンの濃度は2.5%。肌に優しく、しかし美白ケアはしっかりと行ってくれます。


ビーグレン ホワイトプログラム

ビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeによって、肌への浸透性を劇的に高めた美白化粧品シリーズです。

QuSomeは超微細カプセルの中に、不安定なビタミンCやハイドロキノンなどの美肌成分を入れて、肌の奥深くまで美容成分を確実に届けてくれます。

低刺激で肌の中に美容成分が長時間滞留するので、長期間にわたって美肌の効果が続きます。

ビーグレンのハイドロキノンは1.9%。しかし他のメーカーにない浸透力の高さから、ハイドロキノン4%のものと同じ程度の働きをすると言われています。

初めてハイドロキノンを使う時は、アンプルール
濃いハイドロキノンにチャレンジしたい時はビーグレン

と、使い分けると良いでしょう。

▼早くシミを薄くしたい!浸透力の高いハイドロキノン化粧品▼