美白効果の高い<美白化粧水>シミさようなら!透明感のある肌へ

シミが気になる・・・そんなシミとはさようならできる美白効果の高い美白化粧品水を紹介しています。美白効果の高いハイドロキノン美白化粧水がありますので一度お試ししてみてください^^

効果の高い美白成分で本気の美白

美白化粧水をより効果的に使う為には、肌が十分に保湿され、美白成分が浸透しやすい状態になっている事が大切です。
肌が乾燥しスカスカの状態だと、美白成分を塗っても十分に効果を発揮しません。

下記の2つのポイントで「シミに効果的な美白化粧品を厳選」したので、美白の効きやすい肌を手に入れる為に参考にしてみてくださいね。

「美白効果の高い成分」が入った化粧品

美白成分が効きやすい肌作りをする為に「十分な保湿」が出来る化粧水

美白効果の高い<美白化粧水>シミさようなら!透明感のある肌へ

富士フイルム アスタリフトホワイトの特徴

敏感肌でも使える安全なやさしい美白化粧品です。メラニンの生成を抑えてくれる「ヒト型ナノセラミドと、ヒト型ナノアシルセラミド」が配合されていて、夏の紫外線でできてしまったシミやそばかすを防いでくれます。

口コミ アスタリフトの口コミ>>
評価 評価5
Point 美白とエイジングの両立が可能!30代以上に売れています
富士フイルム アスタリフトホワイトの総評

20年の配合実績のある美白有効成分「アルプチン」や「ビタミンC誘導体」で肌のシミやそばかすに効果的です。 肌のハリやしわに悩む人にも使えるエイジングを兼ねた美白化粧品。トライアルセットの値段も安いのでお試しするのにピッタリですよ



肌への浸透性や弾力感がバツグン



ビーグレンQuSomeホワイトの特徴

濃いシミにも使えるハイドロキノン入りの化粧品です。(ハイドロキノンはQuSomeホワイトクリームに配合)。ビーグレン独自のナノテクノロジーで浸透力が高く、他の美白化粧品に比べて効果が比較的短期間で出ます

口コミ ビーグレンの口コミ>>
評価 評価4.5
Point 早急に「今あるシミ」をなんとかしたい人に
ビーグレンQuSomeホワイトの総評

ただ、稀に肌に刺激を感じる人もいるのでトライアルセットの使用をまずはおすすめ。短期間でシミをなんとかしたい人に。

短期間でシミ対策をしたい人に!


POLA ディセンシアサエルの特徴

ひどい乾燥肌や敏感肌でも使える美白化粧水です。アンプルールに比べると即効性はありませんが、ホワイトニングローションを使うとすぐに肌荒れしてしまう人でも使える嬉しい化粧水です。

口コミ サエルの口コミ>>
評価 評価3.5
point 美白化粧品とは思えないほどの保湿力!

シミ用化粧水を使うと肌荒れする人でも使える低刺激美白化粧品!


アンプルールラグジュアリーホワイトの特徴

美白効果の高いハイドロキノンを使っているのにもかかわらず、保湿効果が非常に高いアンプルールの化粧水です。少量で潤うので、大量に使う必要がなくコスパが良いと評判です。

口コミ アンプルールの口コミ
評価 評価3
備考 保湿力のある肌に優しい優秀なコスメ

美白効果が高いハイドロキノン使用


薬用ホワイトニングリフトケアジェルの特徴

医学雑誌にも掲載された、肌の奥に隠れているシミが出てくる前にお手入れできる美白オールインワンジェル。シミ隠しのコンシーラー要らず!と評判です。マッサージしながら使うとお肌がもっちり。

口コミ シミウスの口コミ>>
評価 評価3
備考 美白オールインワンジェル

▼肌の奥に潜んでいるシミが出てくる前にケアできるオールインワンジェル▼

美白を受け入れやすい肌の作り方

    美白を作るために美白効果の高い化粧品を使用するということは、もちろん大切なことです。しかし、いくら美白効果の高い高性能美白化粧品を使用しても、その成分を肌が受け入れなければ全く効果を得ることは出来ません。そこで重要になるのが、美白効果を受け入れようとする肌作りです。


    化粧水や乳液、保湿クリームの浸透が良い肌というのは肌の表面が整った状態であり、これは丁寧な洗顔で作り上げることが出来ます。忙しい朝は水でバシャバシャ洗顔し、1日頑張った夜は眠たさのあまりササッとクレンジングして終わりなんていう人はいませんか。これでは顔の汚れや皮脂は落としきれていません。


    正しい方法はまずメイク落とし専用クレンジングでしっかりメイクを落とし、その後はよく泡立てた洗顔料で優しく顔を洗います。ゴシゴシ洗いや洗顔料の洗い残しはシミやくすみの原因になりますので絶対にしてはいけません。正しいクレンジングと洗顔を毎日行うことは、美白成分を受け入れやすい肌を作り上げるだけでなく、毛穴の黒ずみやくすみの改善にも効果を表します。


    美白化粧水にはビタミンCなどの美白成分が豊富に含まれていますが、紫外線を浴びる事でその機能を失われるものも数多くあります。そのため、美白化粧品でのお手入れは肌が生まれ変わるとされる夜に行うのが効果的です。正しいクレンジングと洗顔によって美白効果を受け入れやすくなった肌は、寝ている間に美白成分をグングン吸収し、透明感のある肌へと近づいていくことでしょう。


    混合肌と敏感肌の美白ケア方法

    私たち日本人に最も多いとされる肌質が混合肌です。混合肌の大きな特徴として見られるのがTゾーンは皮脂でテカテカしているのに、それ以外の場所は乾燥しているということです。


    混合肌の美白ケア方法としては洗顔時、皮脂の気になるTゾーンから丁寧に洗い、目元や口元などの乾燥しやすい場所は泡で軽くなで洗いをし、汚れを落としてあげるだけにするということです。洗顔後の保湿はまずTゾーンには毛穴ケア専用化粧水を使用し、その後通常の化粧水を肌全体になじませます。2回、3回繰り返して少しずつ浸透させるのが保湿効果を上げるポイントです。


    次に敏感肌ですが、敏感肌とは外部からの刺激に最も弱いとされており、肌トラブルが絶えないことで有名です。常にメラニンが過剰生成されているため、シミやそばかすも出来やすく、いくら美白ケアを行っても効果を得られないと悩む人は非常に多いようです。敏感肌の人は入念な保湿ケアよりも先に、肌バランスを整えてメラニンが過剰に作り出されることの改善から始めるのが良いでしょう。


    肌バランスを整えるために大切なことは、外部から加えられる紫外線などの刺激を予防することに加えて、ストレスなどによる内部の負担を軽減することです。それまで敏感肌ではないと思っていた人も、通常の美白ケアで満足出来ない場合は肌質が変わってしまったという可能性がありますので美白ケア方法を見直すことも大切です。


    美白に期待すること

    管理人が実際に、ダイオードレーザーの医療クリニックで脱毛体験してきました。結構痛みがあるダイオードレーザーでしたが、効果は高いのかもしれません。


    多くの女性は美白を意識したスキンケアを毎日行っており、積み重ねによって効果を実感できたという人も決して少なくありません。効果を実感している人と言うのは自分の肌状態を知り、改善すべき症状を把握している人であり、最も効果的な美白化粧品に巡り合えた人なのです。


    美白と呼ばれる肌のキメは非常に細かく、角質層もきれいに整っています。肌の内側に皮脂汚れが侵入する隙間もないため、潤いを閉じ込めることでハリと透明感のある肌を手にすることができます。しかし、美白は美白化粧品の使用だけでは実現できません。美白の天敵と言われるストレスを解消することによって、身体の内側からきれいな肌を目指さなければならないのです。


    ストレスは美白を妨げるだけでなく、頭痛や高血圧、肥満症などの病気を引き起こすこともあります。これらの症状改善を目的としてストレス解消を心掛けた結果、肌の状態が良くなったということもあるようです。


    女優やモデルの肌に憧れて美白を始め、その効果に期待をするという若い女性も多いことでしょう。最近ではブログなどですっぴんを公開する女優やモデルも増えており、より一層憧れの気持ちは強くなるばかりです。理想を追うことは大切なことではありますが、現実を見ることも忘れてはいけません。


    体内環境の改善、毎日の適度な運動による代謝も美白を作り出すためには必要なことであり、美白のための行動が身体全体に良い影響を与えることは十分考えられますので、まずは生活習慣の見直しから始めてみてはいかがでしょう。


このページの先頭へ